骨董品を買取専門店へ売却する方法を知ろう

骨董品を買取専門店へ売却する方法を知ろう

貯金箱

鑑定士がいる買取店に査定を依頼しよう

骨董品の買取を考えている人は、鑑定士がいる買取店を探すことが大切です。骨董品の鑑定士は「美術鑑定士」といわれ、本物か偽物かを見極め、値段を判定する貴重な役割があります。鑑定士は、骨董品を扱う美術館やお店などで修行を積み、鑑識眼を養ってきています。鑑定士に依頼するときは、どのような分野が得意なのかも知っておきましょう。骨董品の買取や、骨董品買取を京都で検討している人もヒントになりますね。

お金

査定の流れ

骨董品の査定方法には「持ち込み」と「出張査定」があります。いずれも「事前予約→査定→買取」が大まかな流れです。査定に際しては、可能なら鑑定書等の付属品も用意しましょう。なお、買取時には身分証明書が必要です。買取店の中には宅配便で品物を送れるところもあります。また、メールでの簡易査定(品物の写真添付)などの存在も知っておきましょう。 

皿

複数のお店に持ち込むことが大事

骨董品の買取価格はお店によって異なります。そのため、慌てて決めるのではなく、複数のお店に持ち込むことが大事です。もちろん、信頼できるお店選びも大切なポイントです。ちなみに、「鑑定」と「査定」とは異なります。前者は、骨董品の真贋判断などを行うことです。後者は、鑑定後に買取価格を提示することをいいます。また、買取価格は市場価格などが参考になります。

美術品専門のお店と広く品物を買取しているお店の違い

美術品専門のお店とは?

美術品専門のお店では、希少価値のある古美術や古道具などを専門に扱っています。また、経験豊かな鑑定士がいるため、納得価格での査定が期待できます。大事なお宝の買取をお得にするには、美術品専門店の利用が望ましいでしょう。

広く品物を買取しているお店とは?

幅広い種類の品物を扱っている買取店では、着物や帯、ブランド品、オーディオ製品などを取り扱っています。もちろん、骨董品の買取を手掛けているお店も少なくありません。骨董品の買取を検討するときは、目利きの強い鑑定士のいるお店を探すことがポイントです。

広告募集中